Event is FINISHED

INNOVATION TALK WEEK #1 「Meet and Think NARA」

Description

「奈良×ローカルビジネス×グローバル」


地域から日本、日本から世界へ。今、日本の地域発のプロダクト・サービスがもつ魅力を世界に発信・展開していくため、いくつもの行政機関や民間事業者による様々なチャレンジが行われています。それらチャレンジの背景には、その地域ならではの風土があり、歴史があり、伝統的な技や文化が根ざしています。そして、その現場には、それら伝統に革新をもたらし、次代に向けて価値を紡いでいこうとする“人”がいます。6月8日(土)の夜、そんな地域に根付く価値を創造的なまなざしで捉え直し、“ジャパンブランド”として世界に届けていこうとする人材が奈良に集まります。

古都・奈良には千年の時を越えて受け継がれてきた文化や伝統が今も息づいています。海外からの旅行者も年々増加している中、その独自性を活かしながらローカルビジネスとグローバルマーケットの交差点でどのような価値を生み出せるのでしょうか?

地域を愛してやまない、志ある人たちが想いでつながり合うことで、驚くほどスピーディにチャレンジが生まれ、奈良の未来が生み出されていく。そんなシーンを、皆さんと一緒に、奈良に生み出していきます。みなさんのご参加をお待ちしています。

◆こんな方にオススメ
・伝統工芸や地場産業を活かした商品開発に取り組みたい方
・自社商品の販路開拓・海外進出に取り組みたい方
・地域プロデュースに興味・関心のある方
・デザイン・クリエイティブで地域を活性化したい方
・事業承継や創業を検討している方

◆参加することによって得られる価値
・国内外でプロデューサーとして活躍するスピーカーの取組み事例や手法を学び、自身の活動に活かすことができる
・地域プロデュースや地場産業の活性化に意欲的な市内外の人と有機的につながり合うことができる

◆スピーカー
西堀 耕太郎
株式会社日吉屋 代表取締役 / 株式会社TCI研究所 代表取締役

1974年、和歌山県新宮市生まれ。高校卒業後カナダに留学。帰国後地元市役所勤務を経て、結婚と共に老舗京和傘工房「日吉屋」の5代目を継ぐために和傘職人の道を選ぶ。
2003年株式会社日吉屋代表取締役に就任。インターネット販売やメディアと連動した新しい京和傘のブランディングや、各分野のデザイナーやアーティストとのコラボレーションに取り組み、当時年商150万円程度の日吉屋を120倍の事業規模に成長させる。
2006年照明デザイナー長根寛氏達と開発に取り組んだ和風照明「古都里-KOTORI-」シリーズを発表。
グッドデザイン賞特別賞、新日本様式100選、FORM2008、iFプロダクトデザインアワード(ドイツデザイン賞)等を受賞。

2012年、日吉屋で培った経験とネットワークを活かして、日本の伝統工芸や中小企業の海外向け商品開発や販路開拓を支援するT.C.I. Laboratory(現:株式会社TCI研究所)を設立、代表に就任。延べ約400社以上の企業の海外展開を支援。
2015年、志を同じくする日仏の企業と共同で、株式会社ブランマントを設立し、パリ市内マレ地区に、約180㎡のショップ兼ショールーム「アトリエ・ブランマント(Atelier Blancs Manteaux)」をオープン。日本の優れた商品や商材のプロモーションや販売を行い、海外デザイナーとの共同商品開発等も手掛ける。

--

堀内康広
トランクデザイン株式会社 代表取締役 / クリエイティブディレクター

1981年兵庫県生まれ。2009年に「トランクデザイン」を、神戸垂水・商大筋にオフィス&ショップをオープン。地場産業のプロデュースやブランディング、百貨店広告などのディレクションやデザインを幅広く手がけ、2011 年には兵庫県のモノづくりを紹介する「Hyogo craft」を立ち上げ、兵庫県の間伐材や地域材を活かしたオリジナルプロダクト「森の器」、播州織の職人とつくるアパレルブランド「iRoDoRi」・「megulu」、淡路島のお香メーカーともに日常で使えるお香ブランド「Ku」「Daily」も手掛ける。
平成27 年度経済産業省「MORE THAN PROJECT」採択事業「播州そろばんプロジェクト」、平成30年度の「BrandLand:JAPAN」採択事業 「"hibi 10MINUTES AROMA" 一国一代理店体制確立に向けた代理店開拓プロジェクト」などのプロジェクト・マネージャーを歴任。現在も神戸および日本各地のメーカーとともにその価値を世界に発信するためのプロジェクトを立ち上げている。
2018年台湾のデザインアワード「Golden Pin Design Award」3プロジェクト入賞、1プロジェクト最優秀賞受賞。
2018年4月に印刷会社(有)グラミックプロセスを事業継承し3代目として就任。

--

松本 梓
チアフル株式会社 代表

奈良市出身、奈良市育ち。
にっぽんを、もっと元気に。をテーマに、奈良を拠点に活動中。
大手住宅メーカーに7年間勤務、戸建住宅の営業を経験したあと、本社の宣伝部門でブランド戦略管理に携わる。
その後、30才を目前に控え、改めて奈良の素晴らしさに気づいた頃、色々な運と縁が重なって、チアフル株式会社を設立。
奈良から発信する、お風呂のハーブのブランド「jiwajiwa(じわじわ)」を立ち上げ。
主力商品のバスハーブは、奈良県内を中心に北海道から九州まで全国50店舗で販売、販売無添加石鹸はメルセデスベンツの関西3店舗で取り扱われるなど、奈良発のブランドを全国に展開中。
自社ブランドの製造・販売のほか、アーティストとコラボしたイベントや観光プロモーション企画なども手がけ、奈良のブランド価値向上に向けて様々な活動を展開している。
経済産業省女性支援プロジェクト第5回「LED関西」ファイナリスト、奈良県主催「ビジコンNARA2019」特別賞

--

澤田哲也
ミテモ株式会社 代表取締役 / 株式会社インソース 取締役

奈良市出身、奈良市育ち。
採用コンサルティング会社を経て、2007年 当時社員数10数名の社会人教育・研修を手がける株式会社インソースに入社。5年間で述べ300社の民間企業に対して、次期経営人材育成や組織変革をテーマに人材育成プログラムの企画・設計に携わるともに、新規事業開発にも取り組む。2015年取締役に就任し、2016年の東証マザーズ上場、2017年の東証1部上場に貢献。
2012年に教育とデザインを専業とするミテモ株式会社を立ち上げ、事業開発を兼務担当し、同年 代表取締役に就任。
オンライン教育サービスやデザイン思考をベースとした新規事業・商品開発プログラムをはじめとした多種多様な育成支援事業を立ち上げる。また、2016年から全国各地の地方自治体との連携による事業創出・商品開発・販路開拓・デザインイノベーションのための教育事業に取り組む。2018年にはJAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL設立。日本の地場産業や伝統工芸にデザイン・クリエイティブを取り入れ、商品開発・販路開拓を手がけるプロデューサー育成に取り組む。


◆当日の流れ
19:00 オープニングトーク

19:20-20:30 トーク・セッション
市内外でプロデューサーとして活躍する三人に、「世界の中での地域の可能性」というテーマで、それぞれの実践や発見、そこから生み出されようとしているこれからの可能性についてお話いただきます。

20:30-21:00 ダイアログ・セッション
プロデューサー陣を交え、全員参加型の対話=ダイアログを通して、奈良から日本そして世界へと魅力を発信する、そんな可能性について考えていきます。

21:00-21:10 クロージング・トーク

21:10〜
終了後、会費制の懇親会を開催します。ご都合の良い方は是非ご参加ください。


◆概要
「Meet and Think NARA」 by JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL
日時:6月8日(土) 19〜21時
会場:プレスタートアップセンター「NARA EGG」(奈良市橋本町3-1きらっ都・奈良2階)
   ( https://www.naraegg.com/about-1/ )
参加費:無料 ※終了後、会費制の懇親会を開催します。
主催:JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL
Sat Jun 8, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
プレスタートアップセンター「NARA EGG」
Tickets
参加 FULL
Venue Address
奈良市橋本町3-1 Japan
Organizer
INNOVATION TALK WEEK
29 Followers